FAQ

事業継続計画(BCP)は、情報通信技術(ICT)が重要課題、解決策をコメント

BCP とは

BCP(business continuity plan)とは
事業継続計画 / ビジネスコンティニュイティ・プラン

企業がビジネスコンティニュイティに取り組むうえで基本となる計画。
災害による影響度を認識し、事故・災害発生などの予期せぬ出来事の発生時に限られた経営資源で最低限の事業継続を確実にするため、目標復旧時間以内に再開できるように、必要な対応策を策定すること、または策定した計画。その策定・運用・訓練・継続的改善の取組みが事業継続計画である。

 BCPの策定では、まずビジネスインパクト分析。業務プロセスが抱えるリスクと影響(損害)を把握。そのうえで優先的に復旧すべき業務とそれに必要な設備やシステムを明確にし、目標復旧時間の設定や復旧手順を計画する。包括的な事業継続管理(BCM)においては、BCPは定期的に見直すことを推奨する。

 内閣府の事業継続ガイドラインにおいては、事業継続計画は「緊急時の経営や意思決定、管理などのマネジメント手法の1つに位置付けられ、指揮命令系統の維持、情報の発信・共有、災害時の経営判断の重要性など、危機管理や緊急時対応の要素を含んでいる」とされる。

TOP↑