Web Services

EC なんでもお助け屋

さまざまやお客様の声にお答えする為に「ネットショップ支援・なんでもお助け屋」を開始させて頂きます。
こんなお悩みは、ありませんか?

1.初めてのウェブショップの立ち上げ
2.すでにネットショップを持っており、それと並行して立ち上げ
3.すでにネットショップを持っており、そこからの移転
4.すでにネットショップを持っており、そこからの売上増加策
5.すでにネットショップを持っており、倉庫・配送料の負担が大きい

ネットショップ新規開設

・何からはじめていいのかわからない。。。
・どのくらいの準備期間でオープンできるの?
・初期費用やランニングコストは、いくら必要?
・運営体制は?
・売上は、あがるの?

既存ネットショップ問題解決

・商品登録数が多すぎて仕事が追いつかない。
・社内には人員が不足しているので、デザインやコピーを編集してほしい。
・新規顧客の集客がうまくいかない。
・既存顧客がリピートしてくれない。
・何か新しいことをしたい。
・物流コストが高い。
・顧客管理システムを統合したい。
・ECシステムとメールシステムを連携させたい。
・受付システムがECと別になっていて不便。
・業務の無駄を感じる・モールから卒業したい。
・ASPから独自システムに移行したい。
・決済手段に幅が欲しい。
・拡張性、柔軟性に課題を感じている。
・保守費用の負担が大きい・新規機能開発の金額が高い。

悩み事や課題が山積みになっていませんか?
私たちが一緒に解決へのお手伝いをさせて頂きます。

予算(例):3,150円(税込)~/h

★ネットショップやサーバ運用のことならなんでもご相談くっださい。もちろん相談は、無料!
詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

Android/iPhone/iPad Mobile APP


急拡大しているスマートフォン市場。
新たなインフラになりつつあるスマートフォンを有効にビジネス活用する為に低価格でアプリ開発を提供。
御社のモバイルデバイス活用をアプリ開発でサポートさせていただきます。

※詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

WordPress + CrossDevice Service

CrossDevice

コンテンツ構築サービス

あなたのホームページは、もうクロスデバイス対応してますか?
クロスデバイス対応は、企業の必須条件です。

CrossDeviceついて

 現在、様々なデバイス(PC、携帯電話、スマートフォン(Android・iPhone)、タブレット(iPad)、テレビ、音声ブラウザなど)を使用し、ひとりのユーザーが、ウェブサイトを利用する場合、状況に応じて複数のデバイスを使い分けています。ウェブサイトへエントリーするURLは共通であるべきです。
 このとき、デバイスによってアクセスできないことがあれば不便なのは言うまでもないですが、その情報のURLが1つでない(端末別に違うURLを用意してリダイレクト処理する場合など)と、ユーザーは、前に別端末でメモした情報でもそうと気づきにくく、重複してブックマークしてしまうなど、不便を被る場合がある。

クロスデバイス対応とは

・全てのデバイスに、1つのURLでアクセスができる。
・共通の情報が得られる。
・共通の機能を利用できる。

代表的なクロスデバイスメディア

 検索エンジン(Google、Yahoo)、ブックマーク、RSSフィード
 Twitter、Facebook、mixiなど

WordPressついて

 ワードプレスは、世界で最も利用されている、高機能で信頼性のあるオープンソースのブログソフトウェアです。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用しています。
 これにより、単なるブログではなくCMSとしても利用されています。定型的な枠組みに当てはめるというデメリットはあるものの、メリットは、専門知識(難しい操作方法)をほとんど覚えることなく簡単にページの作成・更新が可能となり管理コストを削減することと同時に、コンテンツの充実に注力できます。
万が一操作方法が分からなくなった際のサポートや困ったことがあっても弊社がサポートさせていただきます。

参考予算

【初期費用】
 300,000円(税別・サーバ環境設定・システム初期設定・クロスデバイス初期設定)
【月額利用料金】
 20,000円(税別・サーバ保守管理・サポート)
 ※技術的なサポート、システムのカスタマイズについては有料となることがありますので、まずはご相談ください。

※詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

Cloud Hosting Services

Cloud Hosting Services (クラウドホスティングサービス)

スケールアップ・スケールアウト
クラウドホスティングなら、サーバ追加するスケールアウト、CPUやメモリなどの
リソースを追加するスケールアップで対応するといった適所適材な選択が
1台~20台まで自由に行うことができます。
ビジネスにおける予想外の事態にもフレキシブルに対応することが可能。

・一時的なアクセス集中を軽減、複数台サーバで負荷分散
・管理運用を軽減、目的別にサーバ設置
・個人情報への不正アクセス防止、WEBとDBサーバ分離
・本番と同じ構成・環境、開発(テスト)環境を構築
・万が一を想定準備、バックアップ環境を構築
・突然のリソース拡縮に対応、キャンペーン・イベントサイト

専用サーバ複数台構成に対応
Linux/Windows対応
SERVER:(サーバ台数:1台~20台)
CPU:1CORE~4CORE
MEMORY:1GB~16GB
HDD:40GB~200GB
※オプションで、最高2TBまでを対応
回線:1000Mbps(共有)
セキュリティ:ファイヤーウォール(共有)
IPアドレス:Max27個(プライベート)

※詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

診療予約受付システム

診療予約受付システム 導入支援

予約受付システム導入は、待ち時間の解消や業務の効率化だけが
目的ではありません。
私たちがご提供するのは、患者様の声を聞き、貴院の価値を伝え、
患者様が集まるソリューションが提供できる予約受付システム。

・予約システムを導入することにより、予約対応にかけるコスト削減
(電話対応からの開放)、24時間の予約対応が可能になります。
・御社のウェブサイトや専用サイト上で予約状況の公開などができ、
御社のサービスを利用されるお客様にも情報共有のメリットをもたらします。

【システム概要】
弊社、独自開発の予約システムをベースに、予約時に入力する項目の
カスタマイズはもちろん、予約内容や予約期間に応じた料金の自動計算、
予約制限など、様々なニーズに合わせた機能のご提供を行います。

WEB予約(PC、モバイル対応)
WEB予約は、24時間365日、いつでも簡単に予約できる環境を提供させて
いただきます。また初診患者様には、仮番号を発行、予約を可能にします。
(貴院側にて初診予約枠も時間や人数を設定することが可能です。)

お知らせ/リマインダー機能
メールは、自動配信される為、特別な作業は必要ありません。
診察予定時刻が近づいてきた事をお知らせする「お知らせメール」等
予約状況にあわせて配信されます。

予約受付状況確認/ステータス機能
予約・受付状況管理画面では、当日の患者さまのステータスを一覧で表示する
ことが可能です。受付をされた方、診察室への呼出済みの方など患者様の状況は、
予約・受付状況確認(管理画面)で、これらの情報をリアルタイムに更新。

予約患者連絡メール
予約されている患者様へメールを個別、一斉送信する事ができます。
電話による連絡は確実ですが、メール機能はメール登録をされている患者様へはメール
ご連絡をしていただけます。

【オプション】
経営支援の観点から、マーケティング、広報宣伝、データ管理をサポートし、
総合的に貴院の運営をサポートするシステムです。

【開発期間】
契約から約2ヶ月?。ご提供する機能により期間の増減が発生いたします。

【導入実績】
医療法人、クリニックへの導入多数

CMS 導入支援

CMS(Content Management System)とは
 ウェブサイトを構築するには、テキストや画像、レイアウト情報のHTMLやCSSなどの言語で
レイアウトや装飾、ページ間にハイパーリンクを設定等の作業を行なう必要があります。
これらの要素を分離してデータベースに保存、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うシステムが
CMSです。
 CMSを導入すれば、企業は専門管理者を必要とせず、テキスト編集者は、HTMLなどの知識を
習得する必要はなく、デザイナーはテキストが更新されるたびに作業を行なう必要がなくなり、
自らの作業に集中することができます。また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、
ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業も必要ありません。

弊社では、高性能なCMSをベースに、ヒアリングを実施させていただき、ご要望に応じたカスタマイズを
実施。サーバー設置から導入設定、保守管理までサポートさせていただきます。

導入企業の課題
・ウェブサイト運用コストを削減したい
・自分たちでサイトを更新したい
・ウェブサイトの技術責任者が社内にいない

ソリューション
CMSには、無料で利用できるものから開発費数千万円を必要とするシステムまで、さまざまな製品が
存在します。
自社にマッチするソリューションを選定することは難しいことです。
コストだけで選んでは、実際には使えない。機能を追及すると高額なCMSを導入することになります。
導入に費用と時間を費やしたにも関わらず、乗り換えを余儀なくされているケースも増えています。
CMS選定には、技術パートナーが必要です。
弊社では、初期導入コストを抑え、ウェブサイトの成長、運用状況によって機能拡張ができる
ASPサービスとしてCMSを提供させていただきます。
最低限の投資で大きな成果が期待できます。

開発期間
契約から約1ヶ月間~

開発環境:WordPress
WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。
セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して
開発されています。

Amazon S3 導入支援

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)


アマゾン(amazon.com)は、サーバー販売ではなく、自社のデータセンターで
運用するサーバーやストレージ、ITインフラをインターネット経由で提供する
「クラウドサービス」

Amazon S3 は、インターネットデータ保管サービス
ウェブスケールコンピューティングを開発者により容易にするように設計されました。
いつでも、ウェブ上でどこから、どんなに多くのデータでも格納する為に使用することができる。
また、単純なウェブサービスインターフェースを提供。
アマゾンが使用する同じスケーラブルで、安全、信頼、速い、安価な環境へのアクセスすることができます。
※詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

Amazon EC2 導入支援

Amazon Web Services
Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 導入支援


アマゾン(amazon.com)は、サーバー販売ではなく、自社のデータセンターで
運用するサーバーやストレージ、ITインフラをインターネット経由で提供する
「クラウドサービス」

Amazon EC2とは
米アマゾン・ドットコムが提供するレンタルサーバー
アマゾンが所有する巨大データセンターに、LinuxやWindowsサーバー等が仮想化技術で構成されており、世界中のユーザーが、ハードウェアを購入することなく、必要な時、必要な時間、必要な台数を簡単に
利用できます。
LinuxサーバーやWindowsサーバーが利用可能。利用料金も安価で、利用した
時間等での重量課金となります。
※詳細は、お気軽に「contact」より、お問い合わせください。

TOP↑